仕事のやりがいを見つけることでうつ病を克服する

7938246686_dbbb63d3f6_m仕事にやりがいを見つけることができると、自然と生活のリズムから仕事までのすべての流れが良くなります。一方で仕事に対して特にやりがいもなく、目的もないまま続けるというのはうつ病ではない人にとってもなかなか難しいでしょう。

私はうつ病と仕事を両立させるために、仕事でやりがいを見つけて自分を高めることを意識することにしています。


スポンサードリンク

仕事に対してやりがいがあるとうつ病の症状も改善される

うつ病になり仕事に行くことができない、仕事に行っている最中も違うことばかりを考えて落ち込んでしまうという方の多くは、「仕事におけるやりがい」がないです。

私自身もうつ病になったばかりの頃は、仕事におけるやりがいなど考えたこともないですしただ単純に生きていくために仕事をしている程度でした。そのため、仕事が楽しいと思うことはあまりなく、仕事に行くことが億劫だとか、今日は休みたいと思うことの方が圧倒的に多かった気がしています。

このような状態で仕事をしていれば、仕事中に落ち込むようなことを考え込んでしまったり、「辛い」と感じることの方が多いと思い込んでしまうことが多くなっても仕方がないと思います。

ただ、仕事にやりがいを見つけ、そのやりがいを感じることが日々できた場合はどう変わるでしょうか?

私は仕事の中でこれだけはやりたいという目標を立て、5年かけてその目標を達成させるために毎日頑張っていますが、今はそのことが頭の中の9割を占めているので、仕事に行きたくないとか、仕事が辛いと感じていたことが嘘のように仕事に行くことを楽しみにしています。

もちろん、うつ病の症状が改善し、仕事に行くことができるようになった喜びを単純に感じていることもあるのですが、目的や目標を持って仕事をすると、余計なことを考える暇はほとんどないですし、落ち込むようなことがあっても目標を達成したいという思いの方が強いので、すぐに心と体を元に戻すことができるようになったのです。

このことからも、うつ病の症状がある程度改善され、仕事に行くことができるような状態になったのであれば、まずは絶対にこれだけは達成したいという目標を設定し、そこに向かって今何をすべきかを整理することが重要だと考えています。

スポンサードリンク



長期的な目標から短期的な目標を考えることが効果的

33185295_226938baf9_m

目標というと、「○○になりたい」とか。「〇〇ができるようになりたい」など今はできなくても長期的にはできるようになればいいなというものが思いつくと思いますが、それを長期的目標、中期的目標、短期目標、今日の目標へと落とし込んで見たことはありますか?

例えば、5年後は部署で一番売り上げが取れる営業マンになりたいという目標を立てたとします。その際に、5年後までになんとなくなれればいいな程度では絶対にできませんし、それがやりがいにも変わりません。

5年後にトップセールスマンになるために、じゃあ3年後までにどこのポジションにいれば良いのかや、1年後はどの程度の売り上げを取れば良いのか?そのために今月はいくら売れば良いのか?今日はいくらを目標にするのかまで落とし込んでいくことが重要なのです。

目標は成績だけではなく、社内で英語や中国語ができる人が活躍しているから、5年後にTOEICで〇〇点を取ろうと決めて、3年後には何点取れば良いか?1年後は?今日はどんな勉強をすれば良いかを考えるのです。

今日やるべきことが明確になることで、集中力も高まりますし、それがやりがいとなって楽しい充実感のある一日を送ることができるようになります。

楽しいとか充実していると感じることができるようになれば、徐々にそれがやりがいへと繋がっていくので、余計なことを考える暇もなくなります。

うつ病というのは待っているだけでは良くなることはないと私は思っていて、ただ良くなるのを待っているよりも、辛いながらも少しずつ前に進もうとする気持ちが重要だと思います。

仕事に行くことが辛かったり、うつ病の症状が強くなったりした時は単純に休むと決めてしまうのではなく、目標のために今日は何をすべきかを考え行動することもうつ病克服には重要なのだと思います。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ