うつ病の治療と仕事の両立

うつ病の治療にかかる時間について

Headache

うつ病の治療にはどうしてもある程度の時間がかかってしまいます。

うつ病は再発率が高い精神疾患と言われており、一度治ったと思っても、無理をすると再びうつ症状が出てきてしまい、働くことができなくなるような状態になることもあるのです。

うつ病の治療の仕方には様々な方法がありますが、うつ病と仕事を両立させながら治療をしていくためには、できるだけシンプルな方法を選ぶ必要があります。

続きを読む

うつ病と仕事を両立させるための治療の方法

4058808950_11be8e4061_m

うつ病と仕事を両立させながら治療を行なっていくためには、会社にもあまり迷惑をかけずにじっくりと時間をかけて治療をしていく必要があります。

通院をしながら仕事をするというのは、ある程度会社にも迷惑がかかりますので、通院するために仕事を休まなければならないことが多くなるようであれば、事前に上司に相談する必要があります。

続きを読む

抗うつ薬には依存性があるの?

8116279888_f94a675d4c_m

薬は「飲みすぎると良くないよ」と言われることが多いとおもいます。

風邪薬や頭痛薬なども必要以上に服用していると「薬の効果」を実感しにくくなり、症状が慢性化したりしてしまうことが実際にはあるそうです。

では、うつ病の治療の第一段階として用いられる抗うつ薬には依存性があって、服用し続けることで効果が薄れるということはあるのでしょうか?

続きを読む

心療内科への通院は続けるべきか?

14863316381_8ef8686345_m

うつ病になるとまず最初の治療としては、心療内科に通院し専門医の指示のもと抗うつ薬による治療を始めることが多いと思います。

しかし、うつ病と仕事を両立させていく中で、心療内科に通院する時間というのはとても苦痛になる場合も多く、途中で通院を辞めてしまうという方も珍しくありません。

そもそも、心療内科には通院し続けた方が良いのでしょうか?

続きを読む

抗うつ薬の服用を辞めた後の副作用について

2764991978_62a905bb90_m

抗うつ薬をやめるというのはそれなりに覚悟がいることです。

不安なことにも、気持ちの落ち込みにも、身体的な症状にも自分の力で立ち向かっていくことになります。

しかし、抗うつ薬の副作用などに悩まされているのであれば、思い切って抗うつ薬を辞めてしまうというのも一つの方法だと私は思っています。

続きを読む

うつ病患者は無理な目標設定をしてしまう

6176957308_eddf1cd396_m

うつ病を克服するためには、小さな自信を少しずつ積み重ねていき、自分という人間に価値があるということを心から受け入れることが重要です。

しかし、うつ病患者の感情や気力の波は激しく乱高下するので、せっかく目標を立ててもその目標が高すぎてしまい「無理をしてしまう」、「達成できずに落ち込む」という悪循環へと突き進んでしまう傾向があります。

続きを読む

仕事のやりがいを見つけることでうつ病を克服する

7938246686_dbbb63d3f6_m

仕事にやりがいを見つけることができると、自然と生活のリズムから仕事までのすべての流れが良くなります。一方で仕事に対して特にやりがいもなく、目的もないまま続けるというのはうつ病ではない人にとってもなかなか難しいでしょう。

私はうつ病と仕事を両立させるために、仕事でやりがいを見つけて自分を高めることを意識することにしています。

続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ