仕事では思い通りにいかないことの方が多い

14054127617_816b30a2e1_mうつ病患者はストレスを極力減らすことがうつ病と仕事を両立させていく上で重要になりますが、正直仕事をしているだけでストレスは溜まってしまうというケースが多いと思います。

私自身もうつ病と仕事を両立させる中で、気をつけていても仕事をしているだけでストレスが溜まってしまっていると感じることが未だにあります。

 


スポンサードリンク

仕事のストレスは自分で軽減できない面もある

自分一人で仕事をしていれば別ですが、会社勤めをしているサラリーマンの多くは、周囲と協力をして仕事を進めていくことになります。

他人と協力をするということは、自分が思ったように仕事が進まないことも多々発生してくるので、ストレスはどうしても溜まってしまいます。

また、自分の能力が他人よりも劣っていると感じてしまうと、なんとか他人に追いつこうとするために必要以上に頑張り過ぎてしまい、疲れ切ってしまうことにもつながります。

つまり、会社で仕事をする場合は、自分でコントロールできるストレスと、自分ではコントロールできないストレスの2種類が発生するということです。

自分でコントロールできるストレスは、極力軽減させれば良いのですが、厄介なのは自分ではコントロールできない方のストレスを溜め込んでしまうことがよくあることです。

自分ではコントロールできないのですから、気をつけようと思ってもどうしてもストレスは溜まりますし、イライラもしやすくなります。

しかし、多くの人が他人から受けるストレスを上手に受け流し、自分のペースを極力守ろうとしているということを知って、自分だけが責任を感じたり「やらなければ」と追い込まれる必要はないと理解することが重要です。

私の場合は自分の思っているように仕事が進まない場合、これまでは自分が頑張って人の分もフォローしてなんとか進めていこうと思っていましたが、最近は私だけのせいではないということを意識し、自分一人で頑張りすぎることをやめました。

その結果、自分でコントロールできるストレスを軽減させて、なおかつ他人に振り回されるような気持ちになる回数が減ったので、うつ症状はほとんど出なくなりました。

スポンサードリンク



仕事では思い通りにいかないことの方が多いと納得させる

4843845933_2a2dfa2ec0_m

仕事はできれば自分のイメージ通りに進めたいですよね。

そのために、最初にある程度のスケジュールを組んで進めているわけで、もともと上手くいかないと分かっていれば、スケジュールなど立てませんよね。

しかし、仕事にはほとんどの場合期限があります。

この期限があるために、周囲との協力が必要になるのであり、仕事が進まないとイライラしやすくなってしまうのです。

そこで、最初から「仕事はほとんどの場合、上手くいくことはない」と言い聞かせ、余裕をもったスケジュールを最初に組むことが重要です。

また、他人に協力を求めるために仕事の説明をする時には、「幼稚園児でも分かるような説明の仕方をする」ことを心がけてみてください。

仕事が進まない原因の一つは、「ゴールがイメージできないために、面倒に感じてしまうから」です。

つまり、最初に自分が求めるゴールを、幼稚園児でも分かるくらい明確に相手に明確に示してあげることで、相手もイメージがしやすくなるので仕事が進みやすくなるのです。

仕事が上手くいかない度にイライラしていてはこの先うつ病と仕事の両立は難しいでしょう。

そのため、できるだけ自分ではコントロールできないストレスを軽減させるために、自分が頑張るのではなく、周囲と最終的なゴールを明確に提示してあげることを意識してみてください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ