うつ病と手足の震え

2213493360_1f8698052f_mうつ病になると手足が震えるようになってしまうことがあります。

会社で立っている時に足がガクガクしてしまったり、手が震えて文字が書けなくなるなどの状態にまでなることもありました。

 

 


スポンサードリンク

うつ病による手足の震えの要因

手足が震えると聞くと、かなり深刻な状況なのかな?と不安に思ってしまう方も多いと思いますが、実際にうつ病を患って手足が震えてしまう症状が出てしまうケースは珍しくありません。

しかし、これはうつ病が直接的な原因なのか、抗うつ薬などの薬の副作用によるものなのかはとても分かりづらいです。

私の場合は手足が震えていると感じたのは、うつ病になり心療内科を受診ししばらく通院してからでした。

この段階では、主に抗うつ薬を服用し仕事を休職して自宅で静養していただけなのですが、ある時から手が震えて文字が書けなくなるようになりました。

また、家で立っている時に膝がカクカクと震えだし、家族から見ても震えていることが分かるような状態にまでなってしまい、さすがに自分でも原因が分からなかったので医師に聞いたところ、うつ病の症状の一つとして手足の震えがあるということを知りました。

ただ、私は抗うつ薬についても調べていく中で、抗うつ薬の副作用でも手足が震える症状が出ることがあるということを知ったので、今思えば私の場合は抗うつ薬の副作用によるものではないかと考えています。

つまり、うつ病による症状としての手足の震えと、抗うつ薬の副作用による手足のしびれのふたパターンがあるということです。

スポンサードリンク



手足の震えを解消させるには?

4226779151_1bdc631d97_m

うつ病の症状の一つとして手足の震えが出ている場合は、体が極度に緊張している状態であることが多いので、まずは体をリラックスさせることが重要です。

体の緊張がほぐれてくることで、徐々に手足の震えは治まっていきます。焦らなくても徐々に症状は改善されていくので、体と心を緊張から解放させてあげることに集中しましょう。

一方で抗うつ薬の副作用として手足の震えが出てしまっている場合は少々厄介で、抗うつ薬の服用を辞めなければなかなか手足の震えは治りません。

私の場合は抗うつ薬の効果をあまり実感できなかったので、抗うつ薬の服用をやめ心と体のバランスを整えながら日常生活を送るようにしたところ、徐々に手足の震えは無くなっていきました。

また、緊張する場面では時々手足が震えるようなこともありますが、これはうつ病によるものではなく、健康な人でも緊張すれば手足が震えることがあるのと同じだと思っています。

手足の震えに気がついた時はよほど重症なのかと思ったのですが、うつ病が良くなれば自然と手足の震えは解消されていくので、焦らず「気にしないこと」が重要です。

気にしていると余計に抑えることができなくなるということもあるので、緊張すると手足が震えてしまうという体質の一つだと捉えると楽になります。

手足の震えはずっと続くものではなく、あくまで一時的なものなので、深刻に考えずにうつ病が良くなれば自然と消える症状ですから安心してください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ