再発したうつ症状が回復するまでの期間の目安は?

7484820084_e613a768a5_m多くの人が体験しているように、うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返します。

うつ症状が回復していく過程の中でも、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すので、なかなか上向いているということを実感できないことも多いのです。

 


スポンサードリンク

うつ病を克服するまでの流れ

うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復していきます。

通常の風邪などと違い、良くなり出したら一気に良くなるということはほとんどなく、上がったり落ちたりを繰り返すのです。

うつ病は再発しやすい病気ではありますが、一方で再発した場合に素早く対処すれば1度目よりも比較的短期間で回復させることができます。

私の場合は何度もうつ症状が再発し、いつまで経っても治らないと感じるまででしたが、自分なりのうつ症状に対する対処法がわかっていたので、今では比較的簡単に対処することができます。

良くなったり悪くなったりを繰り返していく中で、同時に自分の生活週間や考え方の癖、仕事のやり方などを見直すことも重要です。

うつ病になる原因は自分自身を追い込んでしまうことが多く、気持ちがプレシャーに耐えられなくなるために心が崩壊してしまうのです。

なかなか自分の考え方の癖を修正するのは難しいのですが、うつ病を繰り返していく中で「最近また考え方が偏っているな」と感じることがあります。

そのように自分自身で気がついた時に変えていくと、比較的楽に考え方の修正をしていくことができるようになるのでおすすめです。

うつ病は一歩一歩確実に進めていく以外回復を早める方法はありません。

無理をせずに、うつ症状が強くなって辛くなっても焦らず、2週間程度で回復できるのでまずは心を安定させることが重要です。

スポンサードリンク



うつ病を再発させないことは難しい?

1510577441_f0b61fba27_m

私はうつ病の再発を防ぐことはほとんど無理ではないかと思います。

どこからが再発で、どこまでがうつ症状が改善していく中で起こる「波」なのかが非常に分かりづらいからです。

つまり、ほとんどの場合うつ病は小さいながらも再発を繰り返して少しずつ良くなっていくのではないかと感じています。

私の場合は最初は良くなったり悪くなったりを繰り返しましたが、徐々にうつ症状が強くなったと感じた場合でも回復するまでの期間は短くなりましたし、辛い症状が1ヶ月も続くということはなくなりました。

うつ症状は再発したと感じても2週間程度で回復させることができれば、そこまで重くはなっていないと思いますが、客観的判断はとても重要なので、もし症状が悪化したと感じた場合はできるだけ早く専門医の診察を受けましょう。

うつ症状が改善していく中での「波」をうまく捉えることができるかどうかが大きなポイントなので、自分の考え方や生活週間を見直すと同時に、「自分のうつ症状の特徴」についてもある程度把握しておくと対処しやすくなります。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ