うつ病と心臓の痛み

1510577441_f0b61fba27_mうつ病になると心臓が痛くなる場合があります。

私の場合は心臓が重く息苦しい状態が続いたため、24時間心電図をとって心臓の状態を確認してもらったのですが、心臓にこれといった以上はありませんでした。

 


スポンサードリンク

うつ病による心臓の痛みの特徴

心臓が絡んでいる大きな病気もあるので、心臓が痛くなるとちょっと不安になりますよね。

私の場合は特に緊張するような場面で痛みが激しくなり、鈍く重い痛みが続いていました。

通院していた心療内科の医師に相談したのですが、うつ病の症状の一つとして「心臓が痛くなる」という症状があるとの回答でした。

しかし、私は不安があったので念のため心臓専門の病院で診察を受け、24時間心電図をとったのですが、大きな異常はありませんでした。

ストレスが強くかかると息苦しさを感じ、心臓が重く苦しい状態になることを経験したことがある方も多いと思いますが、うつ病になると絶えずそのような状況が起こるため心臓が痛いと感じやすくなるのです。

うつ病になりやすい人は何気ない日常の生活の中でも全身の筋肉に力が入り、極度の緊張状態になっていることも珍しくありません。

また、呼吸が浅くなっており酸素が十分に体全体に回りにくくなっているということもあります。

このような悪循環から心臓はなんともなくても痛みを感じるようになってしまうことがあるので、心臓が痛いと感じた場合はうつ病である可能性もあることを知っておいてください。

多くの場合心臓専門の病院で24時間心電図をとることになると思いますが、不安感から余計に痛みを感じるケースもあるので、不安が大きくなる前に詳しく検査をすることもおすすめです。

スポンサードリンク



うつ病による心臓の痛みの解消法

4463850560_d17ede1c8c_m

うつ病による心臓の痛みは緊張やストレスからくることが多いので、まずは体の緊張をほぐすことから始めましょう。

大きく、ゆっくりと深く呼吸をして、体の緊張を取り除くことが重要です。

気がつかないうちに肩に、背中に力が入っていることはありませんか?

1時間に1度は軽くストレッチをして、体の緊張を解放してあげるだけでも効果があると私は感じています。

実際に私は仕事をしている時でも1時間に1度はストレッチをしたり、コーヒーを飲んだりして休憩しています。

休憩をとることで脳はリフレッシュしますし、また集中力も高まるので仕事の効率が結果的に上がります。

人の集中力などたかが知れており、多くの場合集中するために頑張っているのです。

そこで、無理に集中力を高めようとする努力をやめて、集中力が切れた場合は「作業系」の仕事に切り替えると良いです。

私は毎日仕事の日誌をつけなければならないのですが、これがたまるとたった1日の日誌でも完成させるまでに時間がかかってしまいます。

そこで、集中力が切れた時に細切れでも日誌をつけるようにして、再び気持ちが乗ってくるまではメールの返信や領収書の清算など考えなくてもできる簡単な仕事に取り組んでいます。

どうしても外出していると緊張してしまうものですが、呼吸を深くする、ストレッチをこまめにするだけで緊張感はかなり和らぎます。

その結果心臓の痛みも徐々に感じなくなるので、まずはストレスを溜め込まず、緊張状態を解放してあげるということを意識してみてください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ