うつ病のサインである頭痛と肩こりを見逃さない

9330841604_3b381044a7_m最近肩こりがひどいなとか、頭痛が日常的に起きているなと感じることはありませんか?

私は肩こりと頭痛がひどく、首にも凝りが出て湿布を貼ったりして対処していましたが、どうにも痛みが取れずマッサージを受けに行ったこともありました。

しかし、これらの症状もうつ病のサインである可能性があるのです。


スポンサードリンク

頭痛と肩こりはうつ病のサイン

頭痛は誰でも感じることはありますし、肩こりも誰でも感じることはあります。しかし、多くの場合ある程度の期間休んだりストレッチをすることで痛みは和らぎ治ります。

ただ、うつ病の症状の一つとして頭痛と肩こりが出ている場合は別で、どんなにストレッチやマッサージを受けたとしても症状は一時的にしか良くならず、すぐに痛みが再発します。

これは正確に何が原因かということが特定はできていないのですが、おそらくストレスが大きな原因の一つではないかと私は感じています。

ストレスと極度の緊張状態が続いているため、体に余計な力が入りすぎているということも頭痛と肩こりが慢性的に起こる理由だと思います。

通常であれば、休みの日にリラックスした状態で十分な休息、睡眠をとれば疲れは取れるのですが、極度の緊張状態が続いていしまうと、眠っている間も体に力が入っているので、朝起きた時に一番痛みを感じるのです。

自分が寝ている状態を見るということは難しいですが、家族に協力してもらい自分が寝ている間に例えば歯ぎしりをするとか、体に力が入っていることを確認してもらうと分かりやすいです。

私の場合は寝ている間は歯ぎしりがすごいので、歯が欠けてしまうこともありましたし、常に力が入っている状態なので、ダラーっと寝ているというよりは硬そうに寝ていると言われました。

布団や枕を変えてみるというもの一つの方法ですが、寝ている時というのはどうしようもない部分もあるので、できるだけ体と心を「休める状態」にしてから眠りに入ると良いですね。

朝起きてまず肩や首、背中に張りを感じる場合は、ゆっくりと寝たつもりでも力が入ってしまっていて深い眠りには達していないことが多いので注意が必要です。

スポンサードリンク



うつ病を克服できれば頭痛や肩こりは解消される?

3030905276_843bcc5e5d_m

私は以前はうつ状態がずっと続いてしまってたのですが、現在は仕事ができる状態にまで戻っており、うつ症状が出るということは稀にしかありません。

ただ、うつ症状が出始めている時は必ず頭痛と肩こり、背中の張りがあるので、痛みが出ている時は要注意の期間だと捉えできるだけリラックスできる時間を持つようにしています。

一方で、うつ症状が出ていない時というのは、頭痛も肩こりも感じません。

ハードな仕事をこなした後でも体が痛いという感覚になることはありませんし、朝起きた時にも体が痛いと感じることはないのです。

このことから、うつ病と頭痛、肩こりは密接な関係がありながらも、うつ病を克服することができれば頭痛も肩こりも解消されるということがわかります。

中には偏頭痛持ちなどで慢性的に頭痛が起こる方もいるので、そのような場合は頭痛外来と神経内科を受診した方が良いともいますが、うつ病が主たる原因の場合はうつ病の克服を目指す方を優先していけば良いと思います。

頭痛と肩こりは本当に辛く、体がどこも痛くないということがどれだけ気分が良いのかということを改めて感じています。

うつ病というのはすぐに克服できるものではありませんが、時間をかければ必ず克服できます。

頭痛も肩こりも感じず、体と心に痛みを感じない日が1日でも早く来るよう、まずは自分の現状を理解するために体に起きている異変を認識し医師に相談してください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ