うつ病になりやすい人は他人と自分を比較する

8128109002_cd5aaccd40_mうつ病になりやすい人はいくつかの共通点を持っていますが、その中でもうつ病患者に多い特徴として、「他人と自分を比較する」ということです。

では、なぜ他人と比較してしまうのか、なぜ他人と自分を比較するとうつ病になりやすいのでしょうか?

 


スポンサードリンク

他人と自分を比較する人とは?

私はうつ病になったばかりの頃、「自分は常に人と比べてどうか?」と考えており、「自分は自分」と思うことはできませんでした。

自分に自信が全くないわけではないのですが、他人と自分を比較することで自分の自信を確信へと変えようとしていたことが多かったと思います。

自分の評価が比較する相手次第でコロコロ変わってしまうので、「自分の基準」を持つことができなかったことがうつ病になった原因の一つだとも思っています。

自分自身を強く持つことができる人というのは、ある程度自分に自信を持っていますし自分の中での基準を持っています。

私は社会に出る以上、ある程度の自信は必要だと思いますし自分の判断基準を持つことも周囲に振り回されないためには重要だと思います。

しかし、中には自分に自信が持てず、自信がないために自分の価値を認めることができず、自分の判断基準が持てないという方もいます。

そのような方がうつ病になるリスクはとても高いので、自分を見つめ直した際に自分の中に基準を持っているかどうかは重要な判断基準になります。

さらに、自分の中での判断基準がないと他人の判断基準を参考にしようとするため、常に他人と自分とを比較するようになります。

その結果、自分の思いとは違うことでも合わせてしまうことが多くなるので、ストレスが溜まりうつ病になる可能性が高くなってしまうのです。

スポンサードリンク



他人と自分を比較するのはやめる

311203249_0ef507396b_m

いくら憧れの存在である人であっても、あなたとその人との価値観は違いがあります。

大きな違いはなくても絶対に違う箇所があるのです。

他人と自分を比較してしまうことが多いと感じている方の中には、見栄っ張りである人も多いと思います。

自分は自分、自分の価値観を信じることができず、自信がないためについ自分を大きく見せるために見栄を張ってしまうのです。

しかし、他人と自分を比較して、他人よりも上にいようとしてもどこかで無理が生じてきますし、何のために生きているのかがわからなくなり「自分の人生」を送ることができなくなります。

うつ病を克服するために「自分の判断基準」が明確でないと考え方の癖が見抜けなくなるので、克服までに余計に時間がかかってしまうのです。

他人の考え方や生活週間、お金の使い方、仕事の仕方を参考にするのは良いと思いますが、最後は自分自身の判断基準で決めるべきであり、自分自身の判断基準を持つことができればうつ病が再発するリスクも抑えられると私は思っています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




2 Responses to “うつ病になりやすい人は他人と自分を比較する”

  1. トモコ より:

    とても気分が落ち込んで、明るい未来が描けず、がんばれなくて、毎日自分を責めています。
    過去、頑張らなかった自分をとても後悔していて、何をしても、見ても、感じても、自分の現状と比較して自分が嫌になります。もう今更何をやっても取り戻せないし、自分が望むような挽回は絶対無理だと絶望してしまっています。
    ここに書いてある文章を読んで、私のダメなところはこの「比較」と、「他人の評価基準」なんだと実感しました。
    でもどうやって、「自分は自分」と切り替えてやり直せるのか分かりません。自信がないです。

    • けい より:

      私も人と比べる事は常に考えてしまいます。あの子はどうしてあんなにやりたい事を生き生きと行動に移せているのか。それに比べ私は何もできてない。答えも出ないから何をすればいいのかも分からない。負のループです。

      でもある時考えました。もし私があの子より行動を移せるようになったら、この今の現状は変わるのかなと。おそらくまた別のものを比較するのだと思います。そして今も誰かを比較しています。それは自分を築き上げ、目的が他人からの目である、ただのプライドの高い自分です。

      私からの提案です。
      少しでいいので人のために生きてみてはどうですか。
      あなたがいないと悲しむ人が周りにはいるはずです。その人達のために勉強、仕事、家事、運動など方法は様々。人のためになる事ならば何でも。大事なのは【する事】です。

      自分のしている事があなたの大切な人の少しのサポートにでもなれば嬉しいですよね。

      人と比較しててもあなたの大切な人のためにという目的達成には近づけません。
      人のために生きて、それが自分の生きがいになり、自分のためにもなると私は思います。

      周りに好きな人、親、息子、娘、友達などいる限り、過去の後悔とか今からとか関係ない。
      その人達のために生きてください。
      あなたを否定してくる人などいないはずです。

      そして分からなければ、その周りの人たちに聞いて、頼ってみてください。
      あなたの価値を知っている一番の人たちです。
      周りの人たちは同情なんかであなたの相談にこたえてる訳ではないです。

      周りの人たちもあなたのために生きているんです。人のために生きているんです。綺麗事に見えるかもしれないですが、ここに気付いた時、すごく気持ちが軽くなりますよ。

      ここまで、話が少しそれて書いてしまいましたが、私自身、悩んだこともいろいろありますが、それより、私の大切な人が悩んでいるのことの方が今の悩みです。
      そのシーンとかぶり思わず返信してしまいました。

      あなた様の気持ちを全部理解することはできませんが、少しでも気持ちが楽になったのならば私としては嬉しいです。
      もし悩みが解決できた時には、それは、私の生きがいにも繋がります。

      長々すみません。
      返信いただけたら嬉しいです。
      それでは。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ