体調が悪い時はどこまで我慢して仕事をすれば良いですか?

4352535111_ae8e1c1085_mうつ病と仕事を両立させていく中で、正直体調がすごく悪く仕事をしているのも辛いと感じる場面は多々出てきます。

私自身も仕事をしていて、心が揺れてしまうようなミスや出来事があった時には仕事が手につかなくなるほど急に体調が悪くなることが今でもたまにあります。

では、体調が悪い場合はどこまで我慢して仕事をすれば良いのでしょうか?


スポンサードリンク

一番大切なことは今この時ではなく、長く働く事

体調が悪くても多少は無理をして働くというのは、日本のビジネスマンが良しと考えている文化が根強くあるからだと思います。

実際に海外のビジネスマンを見た時に、「体調が悪ければ良いパフォーマンスはできないから休みます」と平気で帰ってしまうケースが多いです。

これは考え方の違いでもあるのですが、日本の企業で働き日本人の上司が多い中では、日本流に働くことを求められ、日本の文化を大切にする人が評価されるという傾向があります。

しかし、私は今は体調が悪い時はある程度頑張りはしますが、これ以上は無理だと判断した場合は周囲の評価ではなく自分の評価を優先して帰るようにしています。

それは、「無理をして頑張ることは長続きしない」ということを身を持って知っているからです。

多少無理をしてもその後は無理なくできるのだとすれば長くつ助けることができると思いますが、無理をし続けなければならない状況というのは何年も続けられるものではありません。

必ず悪化することになりますし、うつ病という深い闇へと逆戻りすることは意外なほど簡単なのです。

うつ病になる人の多くは、真面目すぎる性格なので普通は限界だと感じることがあっても、頑張り続けてしまうという一面があります。

頑張ることは良いことかもしれませんが、その後ずっと休むことになるくらいなら今日の午後早く帰って体調を整える方がよほど会社のためにも自分のためにも、社会のためにもなるのではないでしょうか?

人によって限界というものは違いますが、他人の限界の基準を考えるのではなく、自分の限界を知るということが何よりも大切なのです。

私は体調が悪い時は休みますし、早退することもありますが、それらは全て自分の判断で決めるように意識してます。

大切なことは長く働き続けること。

今目の前のことだけに捉われるのではなく、長い目で見てその判断が正しいのか間違っているのかをジャッジできる自信と勇気を持つことがうつ病と仕事を両立させるためには重要だと考えています。

スポンサードリンク



体調が悪い場合は区切りの良いところまでは頑張る

409745641_5a980be0e8_m

体調が悪い時というのは集中力が極端に低下します。

そのため、体調が悪い中で無理矢理仕事をしていてもミスが増えて生産性も落ちるので良い面はほとんどありません。

ただ、時間的にもう少し頑張れば退社できる時間であれば、私は考える仕事は一切せずに手を動かすなど考えなくてもできるような雑用をすませるようにしています。

区切りの良いところはどこかを考え、スケジュールを考え直し、今やらなくても良いことはやらずにさっさと帰る。

ある意味周囲の空気などは全く気にしないように意識して、自分の判断のみを信じて会社にいるときには高いパフォーマンスが出せるようにしています。

仕事というのは一人でできるものもあれば、同僚と連携して行う仕事もあると思いますが、体調が悪い時は最低限周囲に迷惑がかからない仕事を優先して自分単独でできて調整も一人ですれば良いものは後回しです。

午後1日休んだり早めに病院に行って薬を処方してもらうなどすれば、通常の風邪であれば乗り切ることができます。

しかし、無理をして仕事を続けた結果、うつ病になってしまった場合は数日ではなく数ヶ月、数年といった長い時間周囲にも会社にも迷惑をかけることになるので、体調が悪い時は我慢をせずに自分の判断を信じて対処すればそれで良いのです。

難しいことを考えずに、自分が無理だと思えば周りがどうこうではなく、帰ってゆっくり休むことが重要なのです。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ