休日のなると体調が悪くなるのはうつ病ですか?

364608754_ba08773536_m自分がうつ病であると自覚できるのは、ある意味では心療内科や精神科に通院し、医師から改めて「あなたはうつ病です」と言われた時だと思います。

それまでの間は、うつ病の症状に似ているなと感じていたとしても、まさか自分がうつ病になるはずはないとか、うつ病かどうかは分からないので知らない方が良いと思っている人が圧倒的に多いでしょう。

しかし、仕事が休みの日に体調が悪くなる状態が続くの場合は注意が必要です。


スポンサードリンク

うつ病の症状は職場で出ないケースもある

私はうつ病というのは基本的に、自分が苦痛と感じる場合に症状として出ることが圧倒的に多いと感じていました。

例えば、職場にいること自体がストレスになってしまう場合に、職場で頭痛がしたり腹痛が起こったり心臓が痛くなったりという身体的症状が起こります。

また、職場にいると気持ちが落ち込みやすくなり頭の回転が鈍くなるなどの精神的症状も起きやすくなります。

しかし、職場では疲れたと言いながらも働くことができ、休みの日に体調が悪くなることが続くようなケースもうつ病である可能性が高いと思います。

つまり、仕事ができなくなる状態ばかりがうつ病であるとは言えないということです。

私の知り合いは、仕事は普通に毎日行くことができていたそうですが、休日になると頭痛が激しくなったり体の各部が痛くなり、気持ちも落ち込みやすくなるので一日中動けなくなるという状態が続いていたと言います。

職場では自分でもうつ病を意識することなく動くことができていたので、まさか自分がうつ病であるとは思わなかったそうです。

しかし、休日に毎回同じような状態が続いていたので、心療内科に行ってみたところうつ病であると診断されたそうです。

うつ病というのは、仕事をしている人は職場の環境や仕事内容が原因で発症すると思われがちですが、職場ではうつ症状が出なくても休日のみの限定でうつ症状が出ることもあるので、休日にうつ病の症状が出ていると感じている場合は、うつ病である可能性が高いと思います。

スポンサードリンク



自宅でうつ病の症状が出ている時の対処法

3983459608_997847eb96_m

自宅でうつ病の症状が出ている場合、仕事中にうつ病の症状が出ているケースとは違い、比較的うつ病の症状を抑えていくのは楽だと思います。

というのも、仕事が絡んでうつ病の症状が出ていることには変わりはないのですが、職場に行けない状態と仕事はできていて自宅でうつ病の症状が出てしまう方が生活面での心配が少ないからです。

生きていくためには仕事をして収入を得る必要がありますが、仕事にいけているのであればその点での心配はなく、自宅での過ごし方を変えて仕事の仕方を自宅でゆっくりと考えていけば良いのです。

仕事が原因であるこは明確なので、休日に体調が悪くなる場合は、無理をせずに休日はとにかくゆっくりと過ごすことを意識することが重要です。

そして、体調が悪くならないための対処法を休日前に行うのが良いのですが、その一つが軽い運動です。

仕事で気がつかないうちに溜まったストレスを、休日まで持ち越すのではなく、休日の前の日に軽く運動をして発散してしまうのが良いと思います。

休日にやりたいことがあっても、うつ病の症状が出ている場合はあえてやらずに何も考えずにゆっくりと休み、徐々にうつ病の症状が回復してきてからやるようにしてください。

無理をして休日にやらなければならないことを強引にやろうとすると、今度は休日だけではなく仕事の日にもうつ病の症状が出てしまうことがあるので、それだけはでないように注意してください。

うつ病というのは、自分の意思とは関係ない部分で症状が出てしまうことがあり、それに対してイライラすることも多いと思います。特に休日は自分の時間としてゆっくりと過ごしたいのに、体調が悪い状態では心からリラックスすることなどできません。

休日のみにうつ病の症状が出ている場合もうつ病であることがほとんどなので、できるだけ早く専門医の診察を受け、適切な治療を行いながら仕事に支障が出ないように手を打つ必要があるのです。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ