うつ病により働けなくなった場合の対処法

Headacheうつ病になると思っていたように働くことができなくなることがあります。

症状が重くなればなるほどうつ病を克服するまでに要する時間も多くなるので、どうしても出勤することができない場合は「休職をする」という選択肢も一つの方法です。

 


スポンサードリンク

休職とは?

休職について詳しく調べたことがないという方も多いと思いますが、普通の企業であれば働くことができないなんらかの理由、医師の証明書がある場合一定期間仕事を休むことができる制度があります。

休職後に体調が回復すれば、同じ部署や同じ待遇で復職できるのでうつ病患者が増加している現代においてはほとんどの企業で休職を認めてくれています。

以前は休職をするとなると「会社を辞めさせられる」といった不安感の方が大きかったですし、周囲の目線も気になることがありましが、現在ではうつ病が広く認知されるようになってきているので、以前よりは壁が低くなっていると思います。

私も初めてうつ病と診断された時は会社を休職してゆっくりと休む選択をしました。

しかし、私の場合は会社を休んでいることにストレスを感じることが強かったため、ある程度のところで復職しその後は働きながら治療をしていく道を選びました。

ただ、これは私の症状の場合であり、あなたの症状が私と全く同じというわけではないので慎重に判断する必要があります。

休職中の賃金について心配になる方も多いと思いますが、一定の期間休職をしていた場合は「傷病手当金」と言われるものがあり、給与の3分の2程度のお金が健康保険組合から一定の期間で振り込まれます。

このように、普通に働くよりは収入が減ってしまいますが、完全に収入源がなくなるというリスクを回避する制度もあるので、どうしても仕事に行くことができない場合は「休職」という選択肢を選ぶのも一つの方法です。

スポンサードリンク



休職を選ぶ際のメリットとデメリット

Creative Company Conference 2011

うつ病により働くことができない、これ以上働き続けると倒れてしまうと感じている場合は絵切るだけ早く休職し、自分を一旦回復させることも重要です。

しかし、休職はメリットだけではなくデメリットももちろんあります。

そのことを念頭に置いて考えた方が自分にとってベストな選択ができると私は感じているので、以下に休職した際のメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

休職した際のメリット

  • 心と体を休ませることができる
  • うつ病の治療に専念できる
  • 気分転換ができるので、症状が一気に改善するケースもある
  • 復帰した場合の仕事の仕方を見直すことができる
  • 傷病手当金の受給を受けることもできる

休職した際のデメリット

  • 復職する際にある程度の苦労が伴う
  • 同僚との差が開く
  • 給与が満額得られない
  • 休職ができる期間は決まっている
  • 同僚からの視線が復帰した際に気になる

このようにメリットとしてはうつ病の治療に専念できる環境が作れる一方で、生活面で場合によっては収入が減ることで苦労する場面も出てきます。

また、復職する際には想像以上に体力と気力が必要になるので、長期間休んだ場合は復職へ向けてのリハビリが必要になるケースもあります。

仕事の環境や家族構成などによって会社を辞めて様子を見るというのも一つの選択肢だと思いますが、新しく入る会社が好待遇な会社とは限りませんし、人間関係の構築などにも時間がかかるので、すぐに辞めるという選択肢はオススメしていません。

もちろん、ブラック企業のようなところであればすぐに辞めるべきだと思いますが、そうでなければ一度休職して様子を見るのも良いのではないでしょうか。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ