毎日30分の筋トレでうつ病を克服

12347153864_502ddf363e_mうつ病になると感情の起伏が激しくなったりします。

些細なことで、これまでならなんとも思わなかったようなことでもイライラしたり、発狂したくなるくらい怒りがこみ上げてきたりします。

このような感情の起伏が激しい状態では、自分を冷静に判断することは難しくうつ病を克服するのも時間がかかってしまいます。

そこで、少しでも感情の起伏を抑えるための努力が必要になるのです。


スポンサードリンク

筋トレをすることで得られる心の安定

筋トレをすると不思議と気持ちが落ち着きます。

これは脳内の神経伝達物質が関わっているのだと思いますが、私は医師ではないのでそこまで詳しくはわかりませんが、私自信筋トレをすると気持ちが安らぎ些細なことでは気持ちが揺れるようなことがなくなりました。

特に疲れが溜まっている時などは、イライラすることも多く表情や態度に出てしまうこともあったのですが、筋トレをし始めてからはイライラする回数はぐっと減り疲れを感じにくい体質へと変化していきました。

筋トレといっても大げさなものではなく、自宅でできる程度のトレーニングで、1日30分程度あればできる簡単なものです。

メニューは

  • ①腕立て伏せ
  • ②腹筋
  • ③スクワット
  • ④ストレッチ

たったのこれだけです。

筋トレを始めたばかりの頃は筋肉痛に耐えながら無理やりトレーニングを繰り返していましたが、今は筋力を維持する程度のトレーニングしかしていません。

それでも気持ちは安定していますし、自分に対しても自信がついてきたことを実感しています。頭の回転も以前よりは早くなったと思いますし、集中力も持続するようになりました。

また、心地よい疲れを残しているので、夜は睡眠導入剤を1錠服用していましたが現在は半錠、休みの前の日は服用しなくても眠れるようになっています。

気持ちの安定以外にも様々な効果があるので、筋トレは簡単なもので良いので少しずつ回数を増やして実行してみてください。

スポンサードリンク



絶対にやらなければならないという気持ちは持たない

7646016898_83995a9802_m

筋トレは「継続させること」が重要です。

一時的に回数を増やして行っていても、すぐにやめてしまってはまた元の状態に戻ってしまいます。不思議なもので、筋力をつけるにはものすごく時間がかかるのに、衰えさせるのは驚くほど簡単で、3日もトレーニングをしない日が続けば元の状態に戻ってしまうのです。

1日10分でもよいので、とにかく続けることを最優先にし気持ちを安定させることが目的ですので無理はしないようにしましょう。

感情の起伏が減ると、体力、気力ともにぐっと楽になりますし、落ち込む回数も格段に減っていきます。

薬で全てを解決させることは絶対に私はできないと感じており、最終的には人間が本来持つ機能を取り戻すことこそうつ病克服への近道だと感じています。

その第一歩として簡単にできる筋トレを実践し、毎日必ずやらなければならないではなく、「やれる時にやる」くらいの気持ちで取り組んでみてください。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ