うつ病患者特有の自分が嫌いという思いを解消する方法

12484115284_5e2bdb1747_m自分が嫌いという思いを解消するために、自分を好きになろうと思ってもそう簡単に好きになれるわけないですよね。

私も何度も「もっと自分に自信を持って、自分を愛してあげないと」と言われましたが、そんなこと簡単にできるなら苦労しないよと思っていました。

でも、心のどこかでは自分を好きになりたいという思いを持っていたのも事実です。


スポンサードリンク

自分を好きになることで得られるメリットを考える

うつ病になると自分を否定してしまうことが多くなります。

なぜ自分がうつ病になったのか?ということを考えれば考えるほど、自分自身がダメな人間だからという答えに向かってしまいます。

これは、うつ病患者特有の性格の問題でもあるのですが、基本的には心が優しいので自分の心が耐えられればうつ病にはならなかったと自分に対する責任感の強さなどから視点を自分に向けてしまうからだと私は思います。

しかし、果たして本当に自分だけが原因でうつ病になるでしょうか?

心の強さというのは人によって違います。何を言われても気にしないでいることができる人もいれば、少し心が傷ついただけでも立ち直れなくなる人もいるのです。

しかし、人間は自分のことを好きでいられるかどうかで、人生が大きく変わるのも事実です。

実際に周囲から見ても「幸せそう」に見える人というのは、自分のことが大好きで自分のことをとても大切にしています。

さらに、幸せそうに見える人というのは、自分のことを好きになればなるほど周囲にも幸福を与えれられるというのを知っています。

人は自分のことを好きになることで、自分自身に自信が持てて自信があるから物事もうまく進めることができ、自信があるからどんなことにも臆せず立ち向かうことができます。

つまり、自分のことが好きになることができれば、全てのことをポジティブに捉えることができるので、自分をより成長させることができるということです。

私自身は今まで自分があまり好きではありませんでした。今でも時々自分のことが嫌になることがありますが、そういう時は何をやってもうまくいきません。

ところが、自分を心から愛し、自信を持って物事を進めている時は、たとえ仕事でミスがあったり、家庭内でイライラすることがあってもきちんと対応することができます。

真正面から向き合うことができるのです。

自信がなく、自分のことが嫌いだと嫌なことから逃れたいという思いばかりが強くなってしますので、問題は長引く一方になってしまうのです。

自分を好きになることで得られるメリットというのは、計り知れないものがあるので、今自分のことを好きになれなかったとしても、将来的には自分のことを好きになれるよう日々努力することが重要なのです。

スポンサードリンク



うつ病患者特有の自分が嫌いという思いを解消する方法

2841257594_feb8c46c50_m

うつ病患者がよく思う「自分が嫌い」という思いは簡単には解消できませんが、毎日の生活の中で少しずつ変化をさせていき、最終的に自分のことを好きになることはできます。

そのためには、他人を見るのではなく、自分を見てあげることが重要です。

よくうつ病になる人は周囲の人の意見に同調したり、自分が違うと思うことも自分の気持ちを抑え込んで他の意見に同調したりしてしまいがちです。

これは自信がないからなのですが、自分が違うという思いや感情を抑え込むことでストレスは確実に蓄積されています。

また、心のどこかで納得できない自分がいるにもかかわらず、見て見ぬ振りをしてしまい自分の心に嘘をつき続けているのです。

嘘をつく時、嫌な思いをした経験はありませんか?

自分の心を押さえつけて、他人の意見に同調するというのは嘘をついている時と同じ嫌な思いをしているにもかかわらず、それを見ないようにしているだけで心は苦しんでいるのです。

であれば、自分が思ったことは少しずつでも声に出すべきです。

自分の意見が通るか通らないかは関係なく、自分の意見や思いを言えたかどうか?が一番重要なのです。

私は自分の意見を言わずに、他人の意見に同調するのは一番楽ですし考えなくていいので安心と思ってしまった部分があるのですが、実際には大きな勘違いであることに気がつきました。

そこで、自分の意見を思い切って声に出したところ、通らなくても自分の心は「言いたいことは言えた」と納得できていたので重くならなくなりました。

たったこれだけのことではありますが、最初はものすごく緊張しますし勇気がいります。

しかし、自分の思いというのは声に出さなければ周囲は気がつきませんし、自分が痛んで終わりです。自分を痛め続ければ自分を好きになるということは難しくなってしまうので、ぜひ自分の思いは声に出して、自分の心にストレスを溜めないようにしてください。

このような習慣を身につけることができれば、1年後少なくとも今よりは格段に自分のことが好きになっていますし、自分の心と体を大切にすることができていると思います。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ