うつ病は悩みを相談することで克服できる?

うつ病であることを他人に打ち明けるのはとても勇気がいることです。多くの方はうつ病であることを打ち明けて悩みを聞いて欲しいと思っているにもかかわらず、打ち明けられずに一人で克服しようともがき苦しんでいます。

では、実際にうつ病であること、今の悩みを相談することができたとしたら、うつ病は本当に克服することができるのでしょうか?


スポンサードリンク

悩みを打ち明けることで心は確実に軽くなる

どんな人でもそうですが、自分が今心から悩んでいることを相談することができ、言葉にして発することができると解決するしないは別としても、心は軽くなったと感じることができると思います。

悩みというのは自分の中だけで解決することができれば良いのですが、それが難しいとわかった場合、他人の言葉や心遣いを大きな力に変えることができるものだからです。

私も実際に自分がうつ病で苦しんでいた時期に、思い切って今の自分の状況や、悩みを恥ずかしいと思いながらも相談したところ、「言葉にすることができた」という満足感だけで大きく気持ちが変化したことを今でも鮮明に覚えています。

相談した結果は、必ずしも思い通りに行くものではありませんでしたが、心の底から思っていることを全て吐き出すことができ、吐き出せたことでスッキリしたという実感がありましたし、自分が悩んでいることが何なのかを整理することができました

うつ病は簡単に克服することができるものではありませんが、克服するための手段の一つとして悩みを相談するというのはとても効果があるのではないかと感じています。

風邪をひいた時に病院で先生に「〇〇の症状が出ています」と気軽にいうことがあると思いますが、先生に相談することで少し楽になったと思えることは誰でも感じたことがあると思います。

それと同じ、それ以上に悩みを相談することができるようになると心がぐっと軽くなることを実感できるので、相談するということはとても重要なのだと私は思います。

スポンサードリンク



うつ病であること、悩みを誰に相談する?

ただ、自分がうつ病であることを相談する相手についてはとても悩ましい問題です。

気軽に言える友達や家族がいればいいのですが、私は家族よりも家族以外に相談した方が相談した後の結果は違うと感じています。

なぜなら、家族は自分がうつ病であることを知っているケースが多く、うつ病で辛いということにも見慣れているので、「そうだよね」、「辛いよね」と日頃から声をかけてくれていることも多いので、相談はできても効果は薄くなってしまっているからです。

では、友達にはなかなか言えないという方はどうすれば良いのでしょうか?

私が様々な方に相談した中で効果を実感できたのは、カウンセラーの先生と、相手もうつ病で苦しんでいる人でした。

まず、カウンセラーは人の話をじっくりと深い部分まで聞き出してくれます。こちらから無理に頑張って話すことができなくても、質問形式で悩みを引き出してくれるので、結果的に悩みを相談することができたと感じることができるのです。

次に、相手もうつ病で苦しんでいる他人ですが、相手もうつ病で苦しんでいるぶん、話を自分に重ねて聞いてくれるケースも多いため、話しやすいと感じることができることと、相手もうつ病であることをこちらも知っているために、変に構えずに話すことができるのです。

うつ病患者同士というのは、それぞれの悩みを吐き出すだけで、なかなか改善策には結びつきにくいですが、吐き出すことができるだけでも大きな前進ですし、効果を感じられると思います。

カウンセラーには自分が感じた些細なことも全て話すことが重要で、少しでも解決の糸口を見つけてもらえるよう話すことで効果を感じることができるでしょう。

うつ病というのは一人で克服しようとすればするほど上手くいかずに長引くケースがとても多いものです。逆に言えば、一人で解決するというのは無理なのかもしれません。

であれば、自分が話しやすいと感zにる相手に隠し事をせずに話すことができる環境に持って行った方が、時間も短くうつ病を克服できるのだと私は感じています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ