うつ病克服の方法

うつ病克服に散歩は効果的

6783036559_1a6fffcff2_m

うつ病になると自宅に引きこもりがちになります。

仕事をしていても休みの日はほとんど外出せずに、自宅で1人静かに休みたくなるという気持ちが強くなるのですが、そんな時こそ少しだけ外に出て散歩をしてみることをお勧めします。

続きはこちら

うつ病克服の特効薬は笑うこと

9583312638_4d4655692d_m

人が幸せを一番感じる場面はどのような瞬間だと思いますか?

うつ病のまっただ中にいる時は考えることもできないと思いますが、人が一番幸せを感じることができるのは「笑っている時」なのです。

続きはこちら

うつ病になると甘えていると感じる

8459310426_bf11a11f88_m

うつ病になりやすい人は「自分に厳しい」という性格的一面を持っています。

何をやるにも一生懸命というのは良いことですが、手を抜くことじたいが自分に対する「甘え」と感じてしまい、常に全力投球してしまうのです。

このような人がうつ病になると、「できない自分」を甘えていると考えてしまいます。

続きはこちら

うつ病を克服するために頑張ることを辞める

16089691604_4cbcf2bf71_m

うつ病を克服するためには自分自身の考え方の癖を修正する必要があります。

その中の一つで、うつ病患者の多くが苦労する一つとして「頑張ることを辞めることができるかどうか」があります。

続きはこちら

うつ病に抗うつ薬は効果的か?

4746014939_c5e7a862c6_m

先日インターネットで興味のある記事を見つけました。

うつ病に関する記事だったのですが、うつ病の治療に効果があるとされる抗うつ薬は、実はうつ病患者の2割程度にしか効果がないと言うのです。

続きはこちら

うつ病を克服するために生き方と考え方を変えてみる

173988460_0a9943d3ba_m

うつ病を克服するために重要なことは、自分自身のこれまでの生き方や考え方がストレスを溜めやすいものであったことを理解することです。

その上で、これからの自分を一つ一つ作り上げて、ストレスを感じにくい生き方と考え方に変えていく必要があるのです。

続きはこちら

食事でうつ病を克服する

4096830399_390be6bf09_m

うつ病を仕事をしながら克服するためには、日常の生活習慣をしっかりと見直す必要があります。

これまでと同じように生活をしていても、うつ病の苦しみから脱することはできないので、少しずつでも変えていく必要があるのです。

続きはこちら

抗うつ薬の副作用について

6127240700_7b0212de32_m

うつ病になると多くの場合「抗うつ薬」と呼ばれる薬を心療内科や精神科で処方されます。

一般的には抗うつ薬を服用することがうつ病治療には効果的と言われていますが、抗うつ薬を服用し続けることで「副作用」が出ることもあるので注意が必要です。

続きはこちら

うつ病克服に読書は効果的?

13947832357_3bc63f7a3c_m

うつ病を克服するためには、「自分自身の考え方」を変える必要があると私は感じています。

しかし、これまで染み付いてきた自分自身の考え方を簡単に変えることはできませんし、ストレスが溜まることも多いでしょう。

そこで効果的なのが、読書によって自分自身の考え方を変える方法です。

続きはこちら

うつ病による精神的な不安を解消する方法

168583265_a263cc9c68_m

うつ病になると常に不安を感じるようになってしまうことがあります。

仕事においても、プライベートでも以前は対して気にもしなかったことが急に不安となり心の中でもやもやとしてしまうのです。

では、このようなうつ病による精神的な不安はどのように解消すれば良いのでしょうか?

続きはこちら

うつ病克服までの経過パターン

3510654054_4fe9c92098_m

うつ病を克服するためには、4つの段階を経て慎重に進めていく必要があります。

うつ病は再発率が非常に高い精神疾患なので、一つでも省略してしまうとすぐにうつ症状が再発してしまうことにもつながるのです。

続きはこちら

うつ病克服に筋トレは効果的?

2651904068_17e189d741_m

うつ病を発症すると動くことすらつらくなることが日常的に起こります。

休日は特に一日中寝て終わってしまうというパターンも珍しくなく、私の場合も休みになると一日中寝てしまい、あっという間に休日が終わってしまいさらに気持ちが落ちることがよくありました。

しかし、休日にある程度体を動かすことで翌日からの仕事に向かう心構えがしやすくなるのです。

続きはこちら

うつ病患者は口癖を意識して変えていくこと

8101771715_80a09f827a_m

口癖というのはその人の現在の状態を表すと言われていますが、うつ病になると精神的にマイナスになるような口癖が出てきてしまいがちです。

例えば、「疲れた」とか「落ち込んでいる」とか「ストレスが溜まって動けない」などあえて口に出さなくてもいいのに気がつかないうちに出てしまっていることがあります。

しかし、口癖を変えるだけで精神的に楽になることがあるのです。

続きはこちら

うつ病克服の鍵は「見栄」を張らないこと

5857513348_8d247428b9_m

自分はできる人間だと思われたいという気持ちは少なからず持っている人が多いともいます。

真面目で責任感があり、何事も最後までやり遂げる人というのは仕事においてはとても素晴らしい人ですが、一歩間違えると「うつ病になりやすい人」でもあるので注意が必要です。

続きはこちら

うつ病でも休日を有意義に過ごすために実践すべきこと

19701595253_f0bfde0167_m

うつ病になると心も身体も疲れきってしまうため、休日は一日中寝て終わってしまうということも珍しくありません。

しかし、一日中寝てしまった休日を繰り返している限り、うつ病と仕事の両立を容易にすることは難しいです。

では、うつ病と仕事の両立を少しでも容易にするためにはどのような点に気をつければよいのでしょうか?

続きはこちら

毎日30分の筋トレでうつ病を克服

12347153864_502ddf363e_m

うつ病になると感情の起伏が激しくなったりします。

些細なことで、これまでならなんとも思わなかったようなことでもイライラしたり、発狂したくなるくらい怒りがこみ上げてきたりします。

このような感情の起伏が激しい状態では、自分を冷静に判断することは難しくうつ病を克服するのも時間がかかってしまいます。

そこで、少しでも感情の起伏を抑えるための努力が必要になるのです。

続きはこちら

うつ病のサインを見逃さない方法

4569764543_111e202d29_m

うつ病は気がつかないうちにどんどん進行していることがあり、タイミングを逃すと完全に克服することが困難な状態にまで陥ることがあります。

しかし、実際には気がつかないのではなく、自分自身では何となくおかしいことには気がついているのです。

では、うつ病のサインを見逃さないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

続きはこちら

うつ病の予兆を見逃さないこと

1510577441_f0b61fba27_m

うつ病が悪化する前にはほぼ間違いないく「予兆」があります。

うつ病の原因は人それぞれ違うためその原因に沿った予兆もあるのですが、その一方でうつ病の予兆として共通の症状もあります。

では、どのような症状が出始めたらうつ病の悪化に注意しなければならないのでしょうか?

続きはこちら

うつ病と仕事を両立させるためには自己評価を高くする

6838181589_7a59b7c46f_m

うつ病になりやすい人の特徴の一つとして、自分と他人を比較してしまうところがあります。

私自身も常に他人の評価を意識していましたし、他人よりも劣っていると思われたくないという思いを持ち続けていました。

しかし、自分と他人を評価し続ける限りうつ病を克服することは難しいと思いますし、人生の楽しさを十分に味わえないのではないかと思うようになりました。

続きはこちら

うつ病を克服するために自分を好きになるための方法とは

6620995831_a8e8e11059_m

うつ病を克服するための一つの方法として、「自分のことを心から愛してあげること」があります。

自分のことを嫌いになったり、好きになれない状態では心の安定はありませんし、これからの未来を描くことも難しいです。

明るい未来が想像できないと、うつ病を克服するためのエネルギーも生まれないので、うつ病を克服したいのであれば自分を好きになることというのはとても重要なのです。

続きはこちら

うつ病の克服に要する時間はどれくらい?

8465223593_9222cd90a0_m

うつ病と一言で言っても症状は様々であり一人一人重さも違うため、うつ病を克服するまでにかかる時間というのは一人一人変わってきます。

しかし、どの程度でうつ病が克服できているのかが分からないと、休職を考えることもできないという方も多いと思います。

では、うつ病の克服には実際にどの程度の時間がかかるのでしょうか?

続きはこちら

うつ病はお腹を温めることで克服できる?

9298936983_c160c07d64_m

うつ病の治療は抗うつ薬を服用するだけが治療ではありません。

本当の治療は、自分自身と向き合い心の闇を解放しストレスを軽減させて、「人生は素晴らしく楽しいものだ。未来は明るいものだ」と感じることができるようになることです。

その方法の一つとして、私が実践しているのは「お腹を温めて心をリラックス」させる方法で、私自身はこの習慣を身につけてからはうつ症状が悪化するのを防ぐことができるようになりました。

続きはこちら

うつ病患者が気持ちが乱れた時に落ち着かせる方法

2229714614_5b9e6810fd_m

気持ちというのは切り替えがとても難しく、悪い方向へ考えてしまうとなかなか元に戻すことができず気持ちが乱れた状態が続いてしまいます。

うつ病になると特に気持ちの整理ができなくなるため、落ち込んでいる時に嫌なことが重なるとどんどん舞います思考へと落ちてしまうのです。

では、うつ病患者が気持ちが乱れた時にはどのようにすれば落ち着かせることができるのでしょうか?

続きはこちら

うつ病でも緊張から解放されるたった一つの方法

14521509811_d98e0c703e_m

緊張すると全身の筋肉が硬直して疲れやすくなりますよね。

とはいえ、心が怯えてしまっている状態であれば、一歩外に出るだけで常に緊張した状態になってしまい、自分で緊張を抑えようと思ってもなかなか抑えきれず苦しくなります。

ただ、私はうつ病でも緊張から解放される方法がたった一つだけあることを最近になってようやく知りました。

続きはこちら

うつ病患者特有の自分が嫌いという思いを解消する方法

6185028100_ab756b7afb_m

私はうつ病になって以来自信を取り戻すまでずっと、「自分自身のことが大嫌い」でした。

うつ病になるまでは特に思ったことはなかったのですが、うつ病になり自宅で休んでいた頃は特に自分の存在自体が周囲に悪影響を与えていると思っていました。

うつ病と仕事を両立させ、うつ病を克服していくためにはこの「自分が嫌い」という思いから「自分のことが好き」という思いへと変えていくことが絶対に必要だと思います。

続きはこちら

うつ病患者特有の自分が嫌いという思いを解消する方法

12484115284_5e2bdb1747_m

自分が嫌いという思いを解消するために、自分を好きになろうと思ってもそう簡単に好きになれるわけないですよね。

私も何度も「もっと自分に自信を持って、自分を愛してあげないと」と言われましたが、そんなこと簡単にできるなら苦労しないよと思っていました。

でも、心のどこかでは自分を好きになりたいという思いを持っていたのも事実です。

続きはこちら

うつ病克服には体の姿勢の改善も欠かせない

1881930118_1633fcdb7b_m

突然ですが、今この記事を読んでいる姿勢はどうなっていますか?

画面を見ようとして目が近くなりすぎていたり、猫背になって体を小さくしていたりしませんか?

うつ病を克服するためには、自分自身の生き方や考え方、仕事の仕方を見直すことは重要ですが、それと同じくらい「体の姿勢」を改善させることは重要なのです。

続きはこちら

うつ病を克服するために体重を管理する

7188949228_3b466695b2_m

うつ病になると体重が増減することがあります。

私はうつ病と診断される前から、食事の量が極端に減ってしまい、1日3食食べることはほとんどありませんでした。

うつ病の症状としても、うつ病を克服する上でも食生活を見直すことは重要であり、それとともに自分の体重をしっかりと管理することが重要なのです。

続きはこちら

うつ病は自分を変える絶好の機会と捉えるべき?

2792240552_50184e7d1b_m

よくうつ病になった経験がある方の話を聞くと、「うつ病になって良かったと」という方がいます。

私自身はうつ病になて良かったなどとはとても思うことはできないのですが、うつ病になったことによって自分の考え方や生き方が変わったことは事実ですし、うつ病は自分を変えることができる絶好の機会でもあると感じています。

続きはこちら

うつ病を克服するために3年後、5年後の自分を明確にイメージする

301624315_6cce408ed5_m

あなたは3年後、5年後自分がどうなっていたいのかを明確に人に伝えることができますか?

私はうつ病で苦しんでいた頃は、将来の自分など全く想像することができなかったのですが、今は3年後、5年後の自分がどうなりたいのかを明確に人に伝えることができます。

将来の自分を明確にイメージすることができるようになってから、うつ病に対しての向き合い方も大きく変わってきました。

続きはこちら

うつ病は笑顔で治すことができるのは本当?

14209441301_c2a017cf72_m

うつ病になるとどうしても気持ちが落ち込みやすくなるので、表情も険しくなることが多くなります。

顔にも力が入ってしまい、表情が少なくなったと感じるのもうつ病患者には特徴的な悩みの一つだと私は感じています。

しかし、私は通院していたメンタルクリニックの医師に、笑顔でいることの大切さを学び、うつ病も笑顔で克服することができるということを知りました。

続きはこちら

うつ病患者は職場で笑うことができないというのは本当?

8569407029_6215c21692_m

笑うという行為はストレスを解消させることができます。

運動や自分の趣味でストレスを解消するというのも一つですが、それ以上に「笑う」という行為は最もストレスから解放されている瞬間だと私は感じています。

しかし、職場で心から笑うということができていない人は多く、特に真面目な性格が多いうつ病患者は職場では全く笑わないというケースも少なくないのではないでしょうか?

続きはこちら

寝る前の深呼吸でうつ病による不眠を改善する

3619044880_92aac9a3bd_m

1日のストレスから解放され、心も体も一番リラックスするのは寝る前の時間ではないでしょうか?

自宅に帰り夕飯を食べること、お風呂でゆっくりすること、眠ることの3つの行動が一番ホッとする瞬間であれば、その行動一つ一つをさらに効果的にできると良いですよね。

私は自宅に帰ってきてから寝るまでの時間を効果的に使って、うつ病による不眠を改善するようにしていました。

続きはこちら

うつ病を克服するためには何から手をつけるべきか?

2380238189_d6d2839651_m

うつ病というのは実に様々な症状が出てきます。また、人によって症状も違いますし症状の程度も違うのが現実であり、医師も一人一人の症状にあった抗うつ薬や治療法を行っているとは思いますが、なかなか思うように改善されないケースもあります。

では、うつ病を克服するためには何から手をつけていけばよいのでしょうか?

続きはこちら

うつ病は悩みを相談することで克服できる?

うつ病であることを他人に打ち明けるのはとても勇気がいることです。多くの方はうつ病であることを打ち明けて悩みを聞いて欲しいと思っているにもかかわらず、打ち明けられずに一人で克服しようともがき苦しんでいます。

では、実際にうつ病であること、今の悩みを相談することができたとしたら、うつ病は本当に克服することができるのでしょうか?

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ