うつ病患者でもできる仕事とできない仕事

3911231181_6754709d83_mうつ病と仕事を両立させていく上で、どのような職種で仕事を続けていくかはとても重要です。

職種によってはストレスを強く感じるものもありますし、うつ病と仕事を両立させていく上では難しい職種もあるからです。

 


スポンサードリンク

うつ病患者にはオススメしない職種とは?

うつ病は発症した理由が一人一人違いますし、症状も一人一人違うことから全てを断定して言うことが難しい精神疾患です。

そのため、その人に合った治療法を選ぶことが重要になりますし、仕事においてもどのような職種を選ぶかは一概に言い切ることができません。

しかし、うつ病になる人にはいくつかの共通項もあるため、これらの共通点からうつ病になりやすい職種をある程度絞ることは可能だと考えます。

うつ病と仕事を両立させるために一番重要なことは、「一人で全てを背負ってはいけない」ということです。どんな仕事にも「責任」というのはありますが、全ての責任を一人で背負う必要はありません。

私がうつ病を患いながら仕事をしてきた中で、うつ病を治療している段階では営業職はやめた方が良いと感じています。

世の中には営業職を募集している会社は本当に多いのですが、営業という仕事は会社の数字を支える花形の職種である一方で、結果を強く求められる職種でもあります。

また、お客様を満足させるために様々な工夫をすることが必要であり、会社によっては厳しい売り上げを要求していくる所もあるので、うつ病を治療しながら取り組むのは難しいでしょう。

また、自営業を始める人もいるのですが、余程の明るい見通しが立っていないのであればこれもやめた方が良いですね。

自営業というのは一見自分で全てを管理できると思いがちですが、生活を全て自分でやりくりするというのは相当な気苦労を伴います。

売り上げがなければ自分は生活できないわけですから、こちろも仕事にのめり込んでしまい、ストレスを溜めやすくなるので、うつ病の治療をしながら取り組むものではないと思います。

スポンサードリンク



うつ病でもできるオススメの仕事とは?

545743462_105b572163_m

うつ病と仕事を両立させるために一番オススメの方法としては、今属している会社でうつ病と仕事を両立させていくために部署を「事務職」に変えてもらうことです。

逆に事務職で人間関係が原因でうつ病になった場合は、部署替えを願い出て「サポート」という役割で仕事をしていくことがベストです。

全く違う職種や違う会社で神経を使うのはかなりリスクが高いので、できるだけ今の会社で部署を変えて働き続けることが良いです。

個人的には給料は少しぐらい下がっても「事務職」からリハビリを兼ねて仕事をしていく方法が一番良いと思います。

事務職と一言で言っても、いろいろな立場の事務職がありますが、基本的には毎日会社で仕事をして、特に外出などもなく社内で1日仕事ができる事務職が良いと思います。

うつ病と仕事を両立させようと考えている現段階においては、できるだけ単純な作業を繰り返し行っていく仕事の方が向いており、その単調な仕事の中に少しずつ自分なりの理想のクオリティを求めていくくらいの方が良いのです。

ある程度うつ病の症状が安定してくれば、再び自分がやりたいと思っている職種に戻ることはできますので、絶対に焦らず「自分の仕事の仕方を見つめ直す良い期間」と決めて、「一見地味でも確実に仕事をこなせる仕事」を選ぶことが重要です。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ