うつ病は転職すれば克服できる?

14007798912_4b961326eb_m仕事が原因でうつ病になった場合、転職をして環境を変えることでうつ病を克服できるのではないかと思うことがあると思います。

私自身もうつ病を環境を変えることで克服しようと転職した経験もありましたが、環境を変えることだけでうつ病を克服できるわけではないということを知りました。

 


スポンサードリンク

うつ病を克服するために安易に転職を考えない

うつ病であることを自覚できる段階というのは、想像以上にうつ症状は重い状態であるケースが多いです。

そのため、うつ病を仕事をしながら克服するために環境を変えようと転職に踏み切っても、「転職によってうつ病を克服できるケースは稀である」と私は思います。

体が動かないような状態で仕事をし続けるのはとても厳しいですし、新しい環境が必ずしも自分にあった環境であるといことはありません。

また、環境を変えるということだけでもうつ病患者にとっては相当なストレスを抱えます。

このような厳しい環境へと自分を導くことで逆にうつ病を克服するまでの時間がかかってしまうということもあるのです。

職場が嫌だ、上司が嫌だと思う気持ちから「転職して環境を変えたい」と思う気持ちが起こるのは十分理解できるのですが、転職をして「働きやすい環境」を手に入れることはできても「うつ病を克服することができるわけではない」のです。

非常に間違えやすい部分ですし、確かに環境を変えることでそれがきっかけとなることもあるのですが、多くの場合は「転職をしてもうつ病を克服できない」という状態に陥ります。

うつ病症状を和らげるためにと安易に転職を選択してしまうのはリスクもあるので、一度冷静になって考えることが重要です。

スポンサードリンク



転職をしてうつ病が克服できる条件とは?

4712548697_d4b8818d34_m

しかし一方で転職をしたことで「うつ病が克服できた」というケースがあるのも事実です。

では、そのようなケースはなぜ「転職したことによってうつ病を克服することができた」のでしょうか?

一つは、転職をしたことがきっかけとなり、気持ちがリセットされ「一から頑張ろうという気力が強くなる」ことが挙げられます。

転職によって環境が変わればそれなりに「頑張ろう」という気持ちは芽生えますし、転職しようと決意し行動することができている状態であれば気持ちを盛り上げることもある程度はできるのです。

もう一つは「転職したことによって同僚に恵まれたケース」です。

一緒に働く仲間は非常に重要ですし、職場の人間関係が改善されたことでストレスを軽減できることは多々あると思います。

私自身も現在働いている会社の同僚には本当に恵まれていますし、彼らとずっと一緒に働いていきたいとまで思えるので、ストレスはほとんど感じません。

うつ病でも気持ちがリセットでき、一緒に働く人間関係に恵まれた場合、転職をしたことによってうつ病を克服できるのだと思います。

しかし、このような条件をクリアできるかどうかは新しい環境に身を置いてからでないとわからない部分も多いです。

そのため、安易にうつ病を転職によって克服しようとするのではなく、しっかしと働ける状態にまで心と体を持って行ってから転職を考える方が私は効率的だと思いますし、うつ病の再発を防ぐことができると思っています。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ