うつ病の克服とはどういう状態なのか?

5532251255_e655e70829_m私はうつ病になってから今日までずっと「うつ病を克服して元の自分と生活を取り戻したい」と思い続けてきました。

しかし、うつ病は一人一人症状や発症原因が違うことや、明確な克服できたというゴールが見えにくいため、克服までには何度も遠回りすることがあると感じています。

では、うつ病を克服できたと言える「ゴール」はどのような状態なのでしょうか?


スポンサードリンク

うつ病を克服できたと感じられる状態とは?

何かに取り組む際にはある程度「最終的な着地点」を明確にした方がスムーズにいきます。

しかし、うつ病を克服するということに関しては、一人一人着地点が違いますし、そこへ至る過程が同じということはまずないので、なかなか他人の意見を取り入れにくく自分なりに解決していくしかないというのが現状です。

私の場合は、パワハラによってうつ病を発症し、仕事をすることすらできなくなった時期もありましたが、今はフルタイムで仕事をすることができるまでになりました。

しかし、性格やプライベートではうつ病になる前のようなところまではまだ至っていないと思いますし、そこをゴールに考えるのであれば「まだうつ病は克服できていない段階」だと感じています。

ただ、私はうつ病を克服するというゴールを途中で何度も修正し、最近は「とりあえずフルタイムで働くことができ、体調が安定して仕事を休まなくなったところがゴール」と決めています。

あんまり「高い目標」を設定してしまうといつまで経っても「うつ病を完全に克服できていない」という思いが出てしまい、「うつ病」という言葉が頭から、意識から離れなくなるので「比較的達成しやすい簡単なゴール」を設定したのです。

そういう意味では、毎日なんだかんだ言いながらも仕事に行き、欠勤もせず働くことができている今は「うつ病を克服した状態」と言えるのかもしれません。

うつ病は目に見えにくく、症状もバラバラであるため「克服」とはどの段階をいうのかが明確になっているわけではありません。

しかし、「頑張ってでも社会の一員として自立して生活できる状態」を作れたのであれば、それが克服というゴールラインなのだと思います。

スポンサードリンク



過去の自分に固執しないことがうつ病克服を簡単にさせる

2656854501_7ec42b8a02_m

うつ病になってから「過去の自分と変わってしまった」と戸惑いを感じ、過去の自分と同じように「戻りたい」と感じる方も多いと思います。

しかし、私は「過去の自分にこだわるのはやめた方が良い」と感じています。

過去の自分というのは、自分も「周囲の状況」も含め「その時の全ての条件が絡み合って生まれた現象」であるため、時間が経ち自分も周囲の状況も変われば「過去の自分と全く同じには戻れない」のです。

そのため、うつ病を克服する段階では、「過去の自分に戻るのではなく、新しい自分を作っていくこと」に重点を置いた方が早く症状が良くなると思います。

私もうつ病になる前の自分とうつ病になってしまってからの自分とは大きく変わっていますが、今は今の自分を受け入れることの方が重要であり、未来の自分をどう導くか?を考えています。

過去の自分に戻れれば「楽」だと思ったのだと思いますが、戻ろうとすればするほど色々な状況が変わってしまっているため戻れないことに対してのストレスが溜まってしまうのです。

うつ病を克服するというのは、過去の自分を捨てて今の自分をしっかりと作る最大のチャンスでもあるので、過去に目を向けるのではなく「なりたい自分を今から作る」という意識を持つと克服までの時間がぐっと短縮できると思います。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ