うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返す

157020281_aa2d64877f_mうつ病は再発率が高いということを知っていますか?

一度うつ病が良くなったとしても、ふとした瞬間に再びうつ病の症状が出てしまうことは良くあることです。

うつ病を克服する中でも、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すのです。


スポンサードリンク

うつ病は一般的な風邪とは違う

多くの人が風邪を引いたことがると思いますが、風邪は熱が出たり喉が腫れていたりする時は辛いですが、徐々に免疫ができて一度症状が良くなると一気に回復していきますよね。

しかし、うつ病の場合は一般的な風邪とは違い、うつ病の症状が良くなったかと思うと再びうつ病の症状が悪化したりするので、自分が今うつ病克服のどの段階にいるのかを見失いやすくなってしまうのです。

また、必要以上に再発を恐れてしまうために、うつ病の症状が良くなっても新しいことに取り組むことができなくなったりしてしまいます。

しかし、事前にうつ病を克服する段階で良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ回復していくということを知っていれば、急にうつ症状が悪化したとしても焦ることはありません。

私は仕事をしながらうつ病を克服していく中で、何度も「うつ病の症状が出なくなった」と嬉しい気持ちになりましたが、何度も「またうつ病の症状が出てしまっている」という思いもしています。

最初の頃はどうして良くならないのか?ということばかりを考えていましたが、うつ病を克服するということは簡単なことではなく、また、短期間でできる物でもないと分かったので、今ではうつ病の症状が出たとしても全くこれまでと変わらない生活を送ることができると思います。

心が必要以上に乱れるとうつ病の症状は一気に悪化してしまうので、常に「再びうつ症状が悪くなることもある」と警戒心を持つこともうつ病を克服する上では重要なのです。

スポンサードリンク



うつ病の症状が再発した時の対処法

871983779_d588ba4c40_m

うつ病の症状が良くなるとつい無理をしてしまいがちです。

元々うつ病になりやすい方というのは「真面目な方」が多いので、仕事でもつい頑張り過ぎてしまっています。

もちろん、本人は頑張り過ぎている意識などないと思いますが、周囲から見て頑張っている人というのは必要以上に自分自身に対して厳しくしてしまっているのです。

うつ病の症状が再び出てしまった時は、絶対に焦らず少しペースを緩めて「適度に手を抜く生活習慣」を実践して下さい。

「手を抜く」ということに納得いかない方もいると思いますが、日常的に頑張り過ぎているのですから、普通の人と同じ程度の行動でも十分なのです。

少し手を抜くくらいの感覚が周囲と同じくらいの頑張りとも言えるので、サボるのではなく最低限の仕事だけをしてできるだけ身体と心を休める時間を確保しましょう。

うつ病は必ず良くなります。

何度うつ病の症状が現れたとしても、少しずつでも必ず良くなるのです。

自分の中で少しだけペースを落として、自分の気力と体力を回復させることを優先すれば良いのです。

うつ病が再発した場合はどの程度自分のことを許してあげられるかが重要なので、決して無理をして無理矢理押さえ込むようなことはやめましょう。


スポンサードリンク


管理人が実践し効果を感じた認知療法詳細はこちら
下園荘太先生のプチ認知療法レビューはこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ