うつ病と仕事の基礎知識

うつ病で仕事ができなくなる人が増えている

3202552999_c48b066b5a_m

2015年現在、うつ病患者数は一時期よりも若干減少傾向にありますが、それでもかなりの人がうつ病を新たに発症しています。

それに伴い、うつ病で仕事ができなくなる人も多くなり、働く側はもちろんの事、企業側も頭を悩ませる問題が続いています。

続きはこちら

うつ病で仕事を休む人も増え続けている

5621720708_3e3b9c45c1_m

前回の記事でもお伝えしたように、うつ病患者の数は依然として多くいます。

それに伴い、うつ病で仕事ができなくなる人、休職、退職する人も増えており、うつ病患者側だけではなく、企業側も大きな問題として捉えるようになっています。

続きはこちら

うつ病で仕事を休職する人の共通点

4843845933_2a2dfa2ec0_m

「うつ病になりやすい性格」というものがあるように、うつ病で仕事を休職してしまう人にも共通点があります。

うつ病の症状を和らげるために、また、再びうつ病で仕事を休む事がないようにするためには、自己改革も重要なのです。

続きはこちら

うつ病を克服するまでの流れ

3171832971_1a0d77f4f8_m

うつ病を克服するとはどのような過程を辿るのでしょうか。

このうつ病克服までの流れをイメージできているのとできていないのとでは、大きな佐賀生まれますし、余計な時間もかかってしまうので、しっかりとイメージしましょう。

続きはこちら

うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返す

157020281_aa2d64877f_m

うつ病は再発率が高いということを知っていますか?

一度うつ病が良くなったとしても、ふとした瞬間に再びうつ病の症状が出てしまうことは良くあることです。

うつ病を克服する中でも、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すのです。

続きはこちら

うつ病は遺伝するの?

4179724196_9831f744fd_m

うつ病は遺伝するのか?というご質問を頂きました。

確かにうつ病になった場合、遺伝的な物なのか?や、子供にもうつ病になりやすい体質になってしまうのかは気になりますよね。

続きはこちら

うつ病患者の年代について

5381388280_79cd3e51a1_m

うつ病になりやすい年代というのはあるのでしょうか?

うつ病という病名が一般的に知られるようになり、これまでよりも「うつ病」と診断されたと申告する方が多くなったので、最近では成人だけではなく未成年でもうつ病で苦しんでいる方が多くいます。

続きはこちら

うつ病チェック

5227436224_aa52b49262_m

うつ病は気がついた時には相当深刻な状態まで進んでいることも珍しくありません。

できるだけ早い段階で対処をすることで、治療にかかる期間を大きく短縮できるのです。

では、どのような症状がどの程度続いた場合うつ病であることを疑うべきなのでしょうか?

続きはこちら

うつ病の克服とはどういう状態なのか?

5532251255_e655e70829_m

私はうつ病になってから今日までずっと「うつ病を克服して元の自分と生活を取り戻したい」と思い続けてきました。

しかし、うつ病は一人一人症状や発症原因が違うことや、明確な克服できたというゴールが見えにくいため、克服までには何度も遠回りすることがあると感じています。

では、うつ病を克服できたと言える「ゴール」はどのような状態なのでしょうか?

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ